前髪が薄い男

 

前髪に使える育毛剤の探し方

前髪が薄くなってきた男性。

 

治すのが難しいのに、パッと見で目立つ場所です。

 

前髪の薄毛は男性ホルモンが原因のため、ミノキシジル主体のリアップなどでは、なかなか対策できません。

 

男性ホルモンが原因の前髪には、DHT(悪玉男性ホルモン)の抑制ができる育毛剤を使いましょう。

 

 

DHT抑制に対応した育毛剤では、DHTが発生する原因になっている5αリダクターゼを抑え込んでくれます。

 

 

DHT抑制に強い育毛剤は?


DHT抑制は20代半ばまでの方が薬で対策すると逆効果になることが多く、医者でもある程度の年齢までは処方を待つ場合もあります。

 

薬でも難しい対策と言えます。

 

薬を使わずにDHTを抑制する育毛剤は限られていて、なかでも「プランテル」は、薬で対策するのと同じ2型の5αリダクターゼに対応いていることから、前髪が薄い男性の多くが利用しています。

 

 

 

薄くなった前髪って復活できるの?

一昔前であれば薄毛は諦めるしか無かったものですが、最近では色々な回復方法が出てきました。

 

薄毛改善できるかどうかを見極めるポイントは2点あります。

 

 

薄くなっている箇所はどこか

前髪から薄くなってきた人は、DHTが原因です。

 

”薄い”のか”無い”のか

よく拡大して見てみると、産毛のような毛が残っているという場合には、復活のチャンスがあります。産毛が太く・長くなれば改善出来ます。

髪が薄いのと、無いのは全く違います。
薄毛は、髪の毛が体毛化する(細く・短くなる)のが特長です。

 

改善方法

このような薄毛は、男性ホルモンが原因で起こります。

 

リアップの成分はミノキシジル。
でも、ミノキシジルは男性ホルモンを抑制する事は出来ません。
つむじには良いけど前髪には使えません。

 

男性ホルモン対応の育毛剤が必須です

 

しかし、最近登場したM字専用の育毛剤では、独自のA-DHT理論で(5αリダクターゼ)を抑制して、男性ホルモン経由の原因を抑える事が出来るようになったと話題になっています。

 

男性ホルモン対応!前髪用の育毛剤

 

 

 

 

 

プランテルが1位の理由

M字専用だから前髪に強い

M字専用に開発された育毛剤で前髪が薄くて悩んでいる人にうってつけの育毛剤です。

M-034系に属する育毛剤ですが、他のM034系がOEMをベースにしているのに対し男性ホルモンを押さえ込む独自のA-DHT理論から作られているので、前髪への対応力が違います

ここがポイント
  1. OEM系じゃない!M字用に独自開発
  2. 5αリダクターゼU型に効くヒオウギエキス高濃度
  3. 1日あたり136円
  4. サプリがプレゼント

 

価格 6980円(1日あたり139円)
評価 評価5
備考 M字(前髪)専用の威力。独自のA-DHT理論が男性ホルモンに強く、返金保証は書類つき。

 

前髪専用に機能特化した分、実は他よりコスパが良いです。

1本に50日分入っているので、1日のコストはわずか139円ほど。
缶コーヒー1本分ほどのコストで使えるし返金保証も書類つきの安心感です。
返金保証は受け取ってから30日で、休止・停止はいつでもOKと良心的なので、前髪が薄いなら必ず一度は試したい育毛剤となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、これらの副作用のない育毛剤で改善できるのか、どういう仕組みで効くというのかなどを管理人が調査してみた結果をご紹介します。

 

 

前髪が薄くなってしまうというのは、典型的な男性型脱毛症(AGA)の特長です。
通常AGAでは年齢とともに薄毛になる確率が高まるのですが、実は20代〜30代でもAGAになる可能性があります。
だから、まわりと比べて自分だけ薄いんだけど・・・という悩みを抱えている人もいるかと思います。

 

そんな前髪の薄さは、どうすることもできないのか?というと、最近はそうでもありません。
AGA治療の病院などもありますからね。

 

でも、なぜ病院なのでしょう?
それは副作用がある薬と安全に付き合っていくために医者に診てもらう必要があるという事なんです。
その副作用というのも、勃たなくなるとか、精子が少なくなるとか、けっこうクリティカルです。

 

その前に副作用なしで男性ホルモンに効く新しいタイプの育毛剤が効くかどうか試してみても損はないですよ。
なぜかというと、全額返金保証があるからです。

 

育毛剤が効くかどうか

前髪が薄くなってきた程度なら、このタイプの育毛剤の成功例は多いです。
でも、もうかなり生え際ラインがせりあがってる人は、素直にAGAクリニックへ。
しかし、選び方にコツがあるので、この考え方は大事です。

 

今はチャンスの時

新規開拓のために各社しのぎを削って返金保証合戦をしているんですが・・・
冷静に考えると、結果的に継続する人が多いからこんなことができるわけで、継続されるだけの理由がありますし、返金保証合戦の今が試すのにいい時期とも言えます。

 

もちろん新しい育毛剤といっても、万人に効くとは限りませんが、それはAGAクリニックも同じ。

 

試してみて効かなければ返金してもらい、それから病院で副作用と戦っても全く損はありません。
逆にもし効けば副作用なし、かつクリニックより安価で続けられてラッキーですしね。

 

失敗しない選び方

ただし、返金保証があるとはいえ、失敗しないためには、ある条件を満たす育毛剤を選ぶ必要があります。
それは、悪玉男性ホルモン=DHTを抑制できる育毛剤であること。

 

なぜかというと、前髪は男性ホルモンの影響を受けやすいからです。
※だから抑制できないリアップは効かない意見が多いんです。

 

 

改善できるのか見極めよう

一度薄くなってしまった前髪を復活できるのか? これは重大な問題ですね。
一昔前であれば薄毛は諦めるしか無かったものですが、最近では色々な回復方法が出てきました。

 

時代の流れが明らかに変わったのはリアップ登場以降でしょうか、薄毛でも復活できる方法というものが登場し始めたのです。

 

ただし問題は、自分の頭皮が薄毛改善できる条件を満たしているかどうかです。
条件を満たしているかどうかを見極めるポイントが2点あります。

 

 

ポイント1:薄くなっている箇所はどこか

極端な例で言うと、こういう方は少ないと思うのですが、もう全体がまんべんなく薄い。
そういう場合には、男性型脱毛症ではなく別の原因の可能性を探った方が良いです。

 

男性型脱毛症で前髪だけが薄くて悩んでいる人であれば問題ありません。
次のポイントを確認してください。

 

 

ポイント2:”薄い”のか”無い”のか

髪が薄いのと、無いのは大きな違いがあります。
薄毛では、髪の毛が体毛化する(細く・短くなる)のが特長です。

 

よく拡大して見てみると、産毛のような毛が残っているという場合には、復活のチャンスがあります。
その産毛が太く・長くなった時に薄くなった髪が改善出来ます。

 

一見ハゲのように見える頭皮でも、ごく細かい産毛が残っている場合がります。
逆に、生え際に産毛が目立つようになってきた、というのは脱毛症が始まっている特長なので今後進行しないように要注意です。

 

 

改善方法

男性型脱毛症が原因の薄毛は、男性ホルモンが原因で起こります。 簡単な流れとしては、まず、男性ホルモンが頭皮に貯まっている酵素と反応して悪玉男性ホルモンに変化します。
この悪玉男性ホルモンが薄毛を進行させてしまうのです。

 

今まで、リアップなど市販の育毛剤ではミノキシジルという成分で育毛をしていましたが、このミノキシジルは直接的にはこのホルモンの流れを抑制する事は出来ませんでした。
よく、ミノタブを飲んでもM字が治らなかったのに育毛剤ごときが効くわけがない、という意見を聞きますが、これは大きな勘違いです。
ミノキは男性ホルモンDHTを抑制しないので、M字に効かないのです。

 

クリニックでも前髪にミノキシジルは使わない!?

AGAクリニックでは一般的に、ハミルトン・ノーウッド分類という基準で、薄毛を段階別に分けて治療します。
この分類で、前髪が薄いのは、初期段階(1〜3の段階)に相当します。
4以降の段階ではこれに対して”つむじ”が薄くなってきます。

 

分類にしたがって、1〜3の段階ではフィナステリド・プロペシアによる治療で、男性ホルモン・DHTの抑制をします。
4以降の段階ではつむじに対策するためにミノキシジルが併用されます。

 

ここで、不思議に思いませんか?
つむじから禿げる人もいるのでは?という疑問です。

 

実は、つむじから禿げるのは、日本人の特徴で、欧米では前髪からはげるのが一般的なので、ハミルトンノーウッド分類でも前髪を段階の前のほうに位置づけているんですね。

 

ともかく、前髪が薄い段階での治療はミノキシジルはあまり意味がなく、DHTの抑制が重要だというのは、このことからもわかるのではないか?というお話でした。

 

 

 

しかし、最近登場したM字専用の育毛剤では、独自のA-DHT理論で(5αリダクターゼ)を抑制して、薄毛の起きる原因の方をを抑える事が出来るようになったと話題になっています。

 

M-034系育毛剤の特徴

M-034育毛剤にはオウゴンエキスやヒオウギエキスが配合されています。

 

これはなぜなのかと言うと

 

M-034 = ミノキシジル
ヒオウギエキス = プロペシア

 

とそれぞれ似た働きをする成分のコンビネーションになっているのです。

 

M-034の方は、ミノキシジルと似た働きをするので、頭皮の血流に働きかけ、その結果が毛髪に現れてくるというのを期待します。
ヒオウギエキスの方はプロペシアと似た働きをするので、男性ホルモンが悪玉男性ホルモンに変化するのを阻害し、その結果が抜け毛の変化に現れてくるのを期待しています。

 

ですから、狙いとしてはミノキシジル+プロペシアという、一般的なAGA治療でねらっているような対策方法を、天然成分でねらっているのがこのM-034育毛剤になります。
天然成分ですから、効き目は緩やかですが、その分、副作用がない・でにくいというのが最大の利点ですね。

 

ただ注意したいのは、オウゴンエキスもヒオウギエキスも5αリダクターゼを抑えますが
オウゴンエキスはT型
ヒオウギエキスはU型
に対応しています。

 

AGAに影響するのはU型なので、プロペシアはU型を抑制します。
だから、よりプロペシアに近いのはヒオウギエキスの方なのです。

 

そう考えると、実はオウゴンエキスは必要ありません。
その分のリソースをヒオウギエキス濃度にまわした方が前髪には良いんです。

 

そんなヒオウギエキス濃度に特化しているのがプランテルです。
M-034育毛剤がどれもソヴール08という同じ育毛剤のOEM生産からスタートしているのに対し、M字専用のプランテルは完全に独自に開発されています。
M字・前髪に特化したA-DHT理論というのはOEM系の他にはないもので、前髪が薄いならまず試してみて損はない育毛剤です。

 

男性ホルモンを抑えるのは育毛剤だけではない

悪玉男性ホルモンを抑えるために、フィナステリド・プロペシアやオウゴンエキスでは、元となっている酵素:5αリダクターゼを抑えるようになっています。

 

というのは、悪玉男性ホルモン=ジヒドロテストステロン(DHT)というのは、通常の男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼと反応して発生するからです。
だから、悪玉男性ホルモンが発生してから抑えるのではなく、発生しないように、原因の酵素(5αリダクターゼ)の方を抑える必要があるんですね。

 

この5αリダクターゼですが、なぜか前髪の生え際、そして頭頂部にたまっていきます。
だから前髪が薄くなってしまうのです。

 

5αリダクターゼを抑えるのに最も効果的なのは、これはやはりフィナステリド・プロペシアということになります。
次に、天然成分で効き目が緩やかなオウゴンエキスです。

 

フィナステリド・プロペシアは生殖器関係の副作用があるのでちょっと・・・という方に選ばれています。

 

しかし、5αリダクターゼを抑えるものは、これだけではありません。

 

食事やサプリメントから取れる身近な栄養の中にも5αリダクターゼを抑えるものがあります。
それが、亜鉛とノコギリヤシです。

 

でも、この亜鉛とノコギリヤシ、食事から摂ろうとしたらちょっと難しい面があります。

 

亜鉛はやはり牡蠣やレバーに多く含まれますが、どうしてもメニューが限定されるため飽きがきやすいのと、牡蠣は高いです。
ノコギリヤシにいたっては、そのまんま植物の名前ですから分かるとおり、ノコギリヤシの実を食べるしかありません。
これ、日本では手に入りにくいです。

 

ですから、亜鉛とノコギリヤシを薄毛のために摂取する方法としてはサプリが選ばれています。

 

 

今回、期間限定でプランテルにサプリメントが無料プレゼントでついてきます。

 

他の育毛サプリでも、サプリだけでも2800円相当ですから、今プランテルで手に入れておくとかなりお得ですよ。

 

こちらで確認
☝☝☝☝☝☝

 

 

○○に意味ナシ!というのはクリニックのポジショントークか!?

こちらをご覧ください。

 

AGAクリニックの医師が書いた本です。帯が気になって、読んでみました。

 

帯に目を引くメッセージが・・・

  • 頭皮マッサージは無意味
  • 皮脂と薄毛は無関係

 

これ本当ですかね。
うがった見方をすれば・・・AGAクリニックとしては、ミノキシジルとプロペシアで治したいから、髪の洗い方の改善で治ると思ってもらっては困るのでは?なんて邪推もできますが。

 

著者は自分自身も薄げで苦しんだ方で、全部やったけどダメだった!という立ち位置で書かれていますし・・・
本まで出して嘘だったら問題になってるだろう、ということで、管理人はいまのところ医師の説を支持しています。

 

また、世の中では生活習慣が薄毛の原因になるという説がいろいろとあります。
これに対しては、一部、医師も認めているようです。
以下にまとめます。

 

 

ストレスが薄毛の原因になる説

人間はストレスを感じると、血管が萎縮する性質があります。
そうなると、栄養を髪に届けることができなくなるので、薄毛になってしまう
という説です。

 

実はこの説に関しては、書籍の中で医師も認めています。
もう一歩踏み込んで説明すると、末梢神経の血行が悪くなった時に、血流量を増やすためにテストステロンの分泌が増え、その結果DHTも増加するということが起きるそうです。

 

しかし、円形脱毛症の場合、ストレスが取り除かれるとすぐ回復するのに対し、AGAではそうは治らないこと。
それから、そもそもストレスをゼロにすることは難しいことから、ストレスをなくすことで薄毛が治るとは言えないのだそうです。
ただ、発毛をサポートするという位置付けでストレスの解消を認められています。

 

 

喫煙が薄毛の原因になる説

タバコのニコチンが原因で血管が収縮します。
そうすると、上記のストレスと同じく栄養が髪に届かず薄毛が進行するという説です。
血流が悪くなるので、結果テストステロンとともにDHTが増えるというのも同じでしょう。
また、タバコ特有の現象としては、大量のビタミンCを消費するのも薄毛に良くないとされています。
ですが、タバコの場合、まず禁煙自体が難しく、そのために禁煙外来といった別の病院にまず行く必要もあります。
また、禁煙のストレスは相当なものですから、上記ストレスが発生し、結局薄毛が進行するケースもあります。

 

 

飲酒が薄毛の原因になる説

お酒を飲みすぎると、頭皮の血行が一気に悪くなるという説です。
血行が悪くなった結果のDHT発生までの流れは上記2つの原因と同じかと。

 

また、お酒特有の症状としては、アセトアルデヒドがDHTを増やしてしまう点があります。
タバコと同じですが、習慣化した人にとっては禁酒自体がストレスになります。
結局そのストレスで薄毛が進行する場合もあるので、続けるにしてもやめるにしても節度を持って臨むことが重要です。
適度の飲酒であれば血行も良くなり、ストレスも解消され薄毛にも良いとのことです。

 

 

睡眠不足が薄毛の原因になる説

睡眠中は古くなった細胞が再生され髪が成長するのに大事な時間です。
特に22時〜2時のゴールデンタイムにしっかり眠ることが髪にも良いと言われています。

 

また、睡眠不足で薄毛に最も良くないのは、ストレスの蓄積だそうです。

 

 

 

プランテルが1位の理由

M字専用だから前髪に強い

M字専用に開発された育毛剤で前髪が薄くて悩んでいる人にうってつけの育毛剤です。

M-034系に属する育毛剤ですが、他のM034系がOEMをベースにしているのに対し男性ホルモンを押さえ込む独自のA-DHT理論から作られているので、前髪への対応力が違います

ここがポイント
  1. OEM系じゃない!M字用に独自開発
  2. 5αリダクターゼU型に効くヒオウギエキス高濃度
  3. 1日あたり136円
  4. サプリがプレゼント

 

価格 6980円(1日あたり139円)
評価 評価5
備考 M字(前髪)専用の威力。独自のA-DHT理論が男性ホルモンに強く、返金保証は書類つき。

 

前髪専用に機能特化した分、実は他よりコスパが良いです。

1本に50日分入っているので、1日のコストはわずか139円ほど。
缶コーヒー1本分ほどのコストで使えるし返金保証も書類つきの安心感です。
返金保証は受け取ってから30日で、休止・停止はいつでもOKと良心的なので、前髪が薄いなら必ず一度は試したい育毛剤となっています。