前髪が薄い男

前髪の薄毛改善で使用されるミノキシジルとは

ミノキシジル。

 

 

聞いたことありますよね。
医療用の育毛剤や市販の中ではリアップ・ロゲイン・カークランドなどに使用されている医薬成分として代表的成分です。

 

 

リアップ・ロゲイン・カークランドなどはミノキシジル濃度が5%の育毛剤で、それより強い濃度15%の育毛剤にポラリス、ジェンヘアーなどがあります。
それと、強いミノキシジルには飲む錠剤のタブレット、ミノタブがあります。

 

 

この中で、国内で市販されているのはリアップだけです。
そのリアップも、元々はロゲインの製法を輸入したものなんですね。

 

 

リアップ以外のミノキシジル育毛剤を、リアップより安いとか、リアップより強いという理由で購入している人もいますが、その場合、個人輸入代行サイトを使って買うのが一般的です。

 

 

これらの育毛剤に使われていることから、ミノキシジルは、いまでこそ育毛剤の成分というイメージが強いものの、元々は髪への作用というよりは血管を拡張する作用の薬として、一昔前までは高血圧を治療するために使用されていた医薬成分なんですね。

 

 

血管を拡張すると毛が生えるワケ

なぜ、血管を広げると、前髪の薄毛改善につながるのでしょうか?

 

 

それを知るには、薄毛の原因を軽く知ってからのほうが分かりやすいので、軽く説明します。

 

 

前髪の薄毛の原因のひとつは、前髪の生成されるスピードよりも抜けるスピードが上回ることです。
この現象は、前髪の生成に必要な栄養分が頭髪に不足することよっておこります。

 

 

頭髪に栄養分が足りなくなる理由は大きく分けて二つあります。

 

 

ひとつ目は、摂取する栄養分が足りてないという理由。
女性の薄毛の原因で多いのがこちらです。
過度なダイエットや妊娠などで栄養分が少なくなり、頭髪への栄養もそれにともなって減少してしまうというケースです。

 

 

もうひとつは、血液の流れが悪くなった結果、必要な栄養分が頭髪まで届いていないという理由。
前髪が薄い男性の場合は、大抵の場合こちらのケースに当てはまるんですね。

 

 

だから、ミノキシジルで血管を拡張すると、栄養分を届けやすくなるので、毛が生える、前髪が改善すると言えるのです。
これが血管を拡張すると毛が生える理由です。

 

 

このような血流の改善、毛包の活性化により前髪を生やす力を強化する成分を総じて攻撃系と呼ばれています。
攻撃系の成分はミノキシジルのほかにも、M-034、キャピキシル(に含まれるアセチルテトラペプチド-3)などがあります。

 

 

ただ、ミノキシジル5%程度の濃度では前髪になかなか効かないという意見は多いです。
だからみんなどんどん強い濃度を求めて個人輸入に走るんですね。

 

 

でも、自己判断の個人輸入で強い濃度のミノキシジルに手を出すのは危険性もあります。
それが、こちら。

 

 

ミノキシジルのデメリットは副作用

まず、ミノキシジルを使うという事は、副作用については、避けては通れません。

 

 

ミノキシジルの副作用に関してはこちらに細かくまとめますが(ミノキシジルの副作用

 

 

元々が血圧の昇圧剤なだけに、心臓に負担がかかることが最もキケンです。
飲むミノキシジルでは、犬への投与の実験で心臓破裂した例があります。

 

 

また、塗るほうは安全という意見もありますが、リアップにも死亡例があります。
(メーカーは因果関係を否定していますが)

 

 

こういう例がある以上、自己判断で強いミノキシジルを手に入れて飲んだり塗ったりするのは、やはり個人的にはキケンだと感じています。

 

 

もしミノキシジルを使いたいなら、私ならAGAクリニックを受診しながら、安全にやりたいです。

 

 

でも、ちょっと意外だったのが、こんなミノキシジルでも効果が出る確立は全体の3割程度なんだとか。
副作用があっても全員に効果が出るなら、やってみるかな・・・
と、思ってたので、この確立は意外でした。

 

 

だったら、これって賭けじゃん?・・・
と感じましたね。

 

次へ:前髪防御の決定打!?フィナステリド(プロペシア)