前髪が薄い男

前髪の薄毛改善で使用されるフィナステリド(プロペシア)とは

男性の前髪の薄毛改善で使用される成分としてミノキシジルと並んで人気の高い医薬成分がフィナステリドです。

 

 

これは飲む錠剤なので、育毛剤というカテゴリからはちょっと外れるのですが、悪玉男性ホルモン:DHTとの関係が重要なので紹介しておきます。

 

 

フィナステリドが含有されている育毛剤として有名なのがプロペシア。
これはAGAクリニックなどの医療機関で前髪の薄毛治療を受ける場合に広く使用されているので有名ですね。

 

 

フィナステリドのはたらきは?

男性の前髪の薄毛が発生する理由のひとつに、男性ホルモンの影響があります。
男性ホルモンといっても影響するのは悪玉ホルモンと呼ばれるDHTです。

 

 

DHTは前髪の薄毛だけでなく、前立腺肥大も引き起こす本当にやっかいなホルモンなんですが、
実はもともとフィナステリドはDHTを抑える効果が見込まれて前立腺治療に使われていた薬なのです。

 

 

そんな前立腺肥大を治療する過程で、DHTが減った結果、なぜか薄毛が改善してしまった!
という経緯から薄毛への効果が研究されるようになったんですね。

 

 

フィナステリドのデメリットも副作用

前髪が薄いAGAは分かりやすい特徴があるため、自己判断でAGA用の薬を入手する方も多くいるかとおもいますが、、、ヒジョーにキケンです!

 

 

通常、フィナステリドが含有されている育毛剤を入手するためには医師の処方が必要になるので、薄毛対策をしているクリニックや病院に足を運んで医師の診断を受けてからの使用になるのですが・・・

 

 

なぜ医師に診てもらう必要があるか、というと、それは強い副作用があるからなんですね。

 

 

その副作用は、勃たなくなる、精子が減るなど、男性の生殖器を弱らせるもののため、若い男性には受け入れがたいものですが、
何よりも恐ろしいのはポストフィナステリド症候群(PFS)です。

 

 

PFSは、フィナステリドの服用をやめても治らないので、一生付き合っていくことになります。

 

 

最近では、ネットで気軽に個人輸入が出来てしまう関係で、先発医薬品であるプロペシアだけでなく安価な金額で入手することができる関連のジェネリック薬品なども個人輸入する方が増えていますが、副作用やPFSの恐怖を知らないで自己判断で続けると、取り返しのつかないことになる可能性もあるということです。

 

 

また、ネットの個人輸入では取引におけるトラブルも多く起こっているのでトラブルリスクには十分に注意する必要があります。

 

 

そう考えると、フィナステリドを飲むなら、面倒でも高くても、医師の診断を受けながらじゃないとリスキーです。

 

 

フィナステリドの効く確立はミノキシジルよりは高いのですが、それでも4人に1人は効かないとのことです。

 

 

フィナステリドのようにDHTを抑制する成分は総じて防御系と呼ばれています。
防御系の成分は、フィナステリドのほかにも、オウゴンエキス、ヒオウギエキス、キャピキシル(に含まれるビオカニン)などがあります。

 

 

次へ:副作用がないだけ?天然成分の育毛剤に隠されたメカニズム